abunaiの日記

サラブレッドの血統表作成ブログ

13日の金曜日

f:id:ettpkl:20191015181901p:plain

はひはひはへひふ
けつ、けつ、けつ、けつ
三重県で言っていたこと。

上側
ダークドレアム
下側
ジェイソンマスク


ダークドレアムと会った年齢は12歳~13歳だった。
グロンサンを追いかけていたからね。

ジェイソンマスクなんて10歳くらいの時に150回くらい刺されたよ。

四国の外にも
るろうに剣心みたいなアニメオタクがたくさんいるってこと。

縦社会。

ansible failed_when

一部のコマンド実行において、ansibleのmoduleの通常の挙動では失敗と判断させてしまうが成功として扱いたいときがあります。
このような場合のためにansibleにはTaskの成功/失敗条件をユーザーが変更することができるfailed_whenという記法が存在します。
'- command: /bin/false
register: result
failed_when: result.exitstatus not in [0,1]

'- command: echo 'error'
register: result
failed_when: "'error' in result.stdout"

killコマンド

■ プロセスの強制終了
# ps -C プロセス名 -f -プロセスIDなどの確認
# kill 6231 -プロセスの強制終了
# ps -C プロセス名 -f -プロセスの終了を確認

「-9」オプションもしくは「-s 9」をつけてkillコマンドを実行してプロセスを強制終了(SIGKILLシグナルを送信)

■ オプションをつけて強制終了する
# kill -9 6231

killallコマンドはプロセスIDではなくプロセス名を指定してプロセスを終了するためのコマンドである。以下はプロセス名が「in.telnetd」のプロセスをすべて強制終了する場合の例。

■ プロセス名を指定して強制終了する場合
# ps -C in.telnetd ---プロセスの確認
# killall in.telnetd ---in.telnetdをすべて強制終了
# ps -C in.telnetd ---プロセスが強制終了したことを確認